神田松之丞からの琉球海炎祭!コシノジュンコデザイン花火を添えて

スポンサーリンク

こんばんは、てーちゃです^^

闘病中の皆さん、健康な皆さん花火どうぞ♪

天気は曇り22度くらい。

今日は、日本で最も早い花火大会、琉球海炎祭やでえ❣️❣️

コシノジュンコさんのデザインした花火(一部)、10,000発豪華な花火大会やで?

風もそこまで強くなくてよかった(^^)

そして、その前に!!もう一つ楽しみが♫

神田松之丞さんが、沖縄に……?

クル〜〜〜〜〜〜(´∀`*)

入り口で結構並んだ。

しかも、若い人が結構多いことにびっくり。

20歳くらいのカップルとか。

入り口に入ってすぐの物販のとこに普通に神田松之丞さんと、浪曲師の玉川太福さんて人が座っていて物販の対応してた。

へえ〜〜落語とかの世界ってこんな感じなんやあ。

物販を買ったら普通にサインくれて握手もできてって感じなんやあ。

爆笑問題の太田さんが言ってた通り、舞台に経つまではオーラを全く消してる人であることをこの目で確認っっ。

沖縄に神田松の上さんのくるって言うことを知ったのは、最近だったから3日前にチケットを取って。

そして、ワシのチケットは、なんと2列目♪♪

そしてそして、端の席!!!!ラッキーー♪

会場は1700人の収容人数。

そのうち6、7割が埋まってた。

開演前に、もちろんモグモグタイム。

ええか?

米はな、握るもんや♪

始まって最初は3人揃ってでてきて挨拶。

演目の順番は、講談師:神田松之丞さん→浪曲師:玉川太福さん→落語:三遊亭遊雀さん、の順。

講談師:神田松之丞さん

とにかく話題やから行ってみて、講談とか今までみたことなかったけど、面白かったなあ〜。

自分のイメージでは、難しくて途中でワケわからんようになってしまうかと思ったけど。

やっぱり舞台では、憑依してた感じした。

神田さんが終わって、一礼してはける時に、ペラって次の人のに紙をめくって戻っていった。

寄席とかで、登場する紙をめくるやつって、アレ自分達自らやるんやw

って思ってたら、それは沖縄の時だけやったみたい笑

普通は黒子さんとかがやってくれるみたいw。

浪曲師:玉川太福さん

浪曲も、生まれて初めて触れたけど、めちゃくちゃ笑った。

漫才師でいうところの「かまいたち」さんくらい、群を抜いて「身近すぎる話題」でネタにもっていくんやな〜興味深いなあ〜。

トリは落語の三遊亭遊雀さん。

この人も、知らなかったけど、声が良かったし、やっぱりベテランなのが細胞全部からでてたな。

謎かけとかいう時、「なになにとかけまして」の「なになに」の部分を、強調して2回繰り返して言ってたのが、聴きやすい&どんなんかなという想像が膨らんで、すごい良かった。

これって、いつもの決まりなのかな?それとも客席の年齢層とかの、その場で決めるんかな?

とにかく、その強調の仕方もベテラン感出てた。

大発見やけど、神田松之丞さんがメガネしてない時の顔に、ほんのり中川家礼二さんがいることをこの目で発見♪

ありがとう!また沖縄にきてください♪

そして夕方、花火✨

その前に、もちろんモグモグタイムや。

ええか?

米はな、、、、

2つは握るもんや♪

さすがの1万発で盛りだくさんで豪華やったよ〜ほんまに綺麗やった。

心がスッキリしたよ。

ラスト5分はクイーンの曲でフィナーレやった♪

むっっっちゃええやん♪(キュウ清水さんの言い方)

これ、動画見れるかな?

あ、、、重すぎてアップできんかった。

また後日!

ありがとう花火、ありがとうコシノさん♪

ありがとう浪曲、ありがとう講談、ありがとう落語♪


コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました