爆問太田さん経由!清水ミッちゃん至学館学長のモノマネ

こんばんは、てーちゃです☆

闘病中のみなさん、健康な皆さん。

 

 

お花どうぞ♬

 

爆笑問題の太田さんが、ナイツの塙さんに、「清水ミッちゃんに、至学館学長のモノマネしたら?って言っておいて😁」という伝言を受けて、塙さんがラジオ「ビバリー昼ズ」で共演しているミッちゃんに伝えたら、ラジオ放送の開始40分できっちり仕上げてきた件。

超一流の仕事術を垣間みたw

この連携プレー最高すぎや😆

 

昨日のTV「イッテンモノ!」でのコーナーの「即興話」もかなりレベル高かった。

「芸人さん×5人」「専門家の方×5人」集まって、キーワードを元にした2分間での即興トークバトル。

特に凄かったのが、クイズ王の人の、話の締め方が凄かった。残り10秒で、みんなハラハラしてるのに、きっかりタイムオーバーになるギリギリで話を落とすところ、プロも顔負けって感じやったなあ。

千鳥ダイゴさんの地元岡山の「ヒラメ」のエピソードもオモロやった〜

最近TVに良く出ているダニの専門家の生物学者の五箇先生が、普段はクールなキャラで設定しているのに、今回は、かなり吹き出して楽しそうに笑ってしまっているのが印象的でした。

クイズ王の方みたいに、芸人じゃなく素人でも、面白いし頭の回転速い人がたくさんいるけど、それでも芸で生きていくと決めて、芸人さんで食べていっている人達はホンマにすごいと思う。

だいぶ昔に、千原Jrさんがやっていたラジオのコーナーで、NHKでやってたお笑い番組「ケータイ大喜利」で、いつも一般回答で採用されてレジェンド(最高レベル)近くまで登りつめた一般の人が、特別ゲストに選ばれて、その方がラジオ放送のスタジオに来てて。

その人が持参してきた企画をやるということになって、「Jrさん、他の芸人さん2人、その素人ゲストさん」で、お題を決めて、何かの曲の最初のイントロ部分でお題に沿ったトークをして、歌が始まる寸前でその話を落とすというコーナー。

その素人ゲストの方も、めちゃくちゃ上手くて。

結局、4人で試して、歌い出し直前に話を落とすことができたのは、ジュニアさんと、なんと素人ゲストさんだけやった。

Jrさんが素人ゲストさんのこと、べた褒めしてて「すごいなあ〜。ていうか、芸人目指したら?」って言ってたけど、素人ゲストさんが芸人にならなかった理由は、R-1とか参加したけど、周りがすごすぎて、自信喪失で、自分なんか全然だめだとあっさり諦めたって言ってた。。。

他にも、芸人さんが本戦に向けて「IPPONグランプリの予選」をTVでやっていたのを見た時、結構ウダウダな感じで、出てた芸人さんも、答えにかなりの時間がかかってた。

本戦のIPPONグランプリの芸人さん達のスピード感、頭の回転がどれだけスゴイかを改めて知った・・・。

 

今夜も細胞ほくほく☆

細胞回復度:80%

お笑いありがとう😁


コメント

タイトルとURLをコピーしました